スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
Hawaiian Steel Guitar。
 去年より、少しずつ少しずつですがHawaiian Steel Guitarを練習しております。

正直、やってる事言いたくないくらいへたくそですが、僕の性格上周りから固めないと前に進まないんです、、、なので公表して自分を追い込むという先方で今回これを書かせていただきます。

Hawaiian Steel Guitarとは何かと言いますと、ギターを膝の上で横に寝かして、右手の指にフィンガーピックなる物を付け、左手で金属のバーを弦の上で滑らし演奏するという、文章で書いただけではなかなか想像しにくい楽器、演奏スタイルです。


Wikipediaによれば、Steel Guitarには膝の上に載せる小型のタイプをラップスティール・ギター(lap steel guitar)、ボリュームペダルや弦の調を変えるためのペダル、ニーレバー(膝レバー)で正確な音程を調整するベンド機構を備えた大型のスタンドタイプのペダルスティール・ギター(pedal steel guitar)と何種類かあるみたいです。

現在でSteel Guitarと言えば、基本的にエレキギターの小さいやつみたいな少し珍竹林な形をした物が一般的ではありますが、その昔エレキギターがまだ発明される以前に音量を稼ぐのに考案された、ボディに共鳴版が仕込まれているリゾネーターギターで演奏されたのが始まりとされています。

リゾネーターギター↓


裏には、我らがMookieさんに書いて彫っていただいたイラストが♪


その初期のスタイルのリゾネーターギターを使って演奏するのに、今チャレンジしています。

あっ、いや、チャレンジする前に楽器の調整をしました。

この楽器を買ったときに、グレードアップをするために、ペグとリゾネーターを一緒に買ってたんですが、めんどくさくて交換せずにそのまま使っていました。

今回本意気で練習するために楽器にも頑張っていただこうと、パーツの交換をしました◎

まずコーン(共鳴板)の入ってる部分のネジをはずし開けます。


中はこんな感じです◎

僕の楽器はトライコーンと言いまして、コーン(共鳴板)が3つ入ってるタイプになっております◎

この三つ並んでるものを、もともとついていた物から、リゾネーターギターを考案したメーカー『NATIONAL』のモノに取り替えようと言うのが今回の任務です。

まず、コーンをはずします。
   これは置いてるだけの物なのですぐ取れます。

中は以外と貧相。

ん、、、、

なんか、楽器からカランカランと嫌な音が、、、
ボディにテをつっこんでみると、、、

小さな角材が出てきました(笑)
こんなんどこにあったんんやろ??
今までカランカランという音はなかったんやが???

取り出した、コーンはコチラ↓


そして、取り替えるのがNational製のコーン☆☆


一緒やんッて声聞こえてきそうですが、生で見ても一緒でした(笑)

これで音が変わるのか半信半疑でしたが、取り替えた後少し弾いていたんですが、確かに変わった気がしました☆
音が大きくなり、嫌な高音の角が取れたような感じ☆
もう言い訳できませんので、練習します。








スポンサーサイト
【2010/03/21 01:30】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
Free Style。
 今日は、古川橋『Free Style』でライブでした。

Sweet Hollywaiiansじゃなく、Spirit Of Gypsyでもなく。 
単体で呼ばれたと言うか、、呼んでいただいたのは上の両方のバンドで御一緒さしていただいてるKohichiさん(Bass)なんですが、他のメンバーはBLITZ AND SQUASH BRASS BANDケンジさん(Saxphone)、よこやまさん(Bass Drum)と、アフニカのLake Biwaさん(Piano)とゲストには同じくアフニカの番長さん(Drums)も参加いただきホント豪華メンバー☆



ニューオリンズジャズを演奏するのですが、ナカヤマはもちろんはじめて演奏する曲ばかり。戸惑いはあるものの、好きな音楽なだけに楽しい○

ケンジさんのその場の指示で一曲が作られて行く、、すごいですね!!
明確な指示でメンバーを盛り上げる。
気がつけばお客さんも一緒になって盛り上がってる!!



『Free Style』どこまで自由に演奏できるか。



すごく勉強になった夜でした☆



今日使った機材。


去年から使ってるエレキギターGibson ES-125。
1950年代製。
ペグ、ブリッジ、ピックアップ、コントロールノブ等、ほぼすべてのパーツが交換されてる安物です。ピックガードはES-150タイプで自分で作りました。
最近、出番が多くなってきました☆

アンプは高校生のときに近所のギター屋で¥10.000で買ったローランド。
今日使ってみて、さすがにアンプは買わなまずい気がした。
結構ロックな音が鳴ってました。。

【2010/03/15 01:43】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
くいだおれ太郎楽団。
 『くいだおれ太郎楽団』なるものに僕は所属してます。
Sweet Hollywaiiansのリーダー松井氏が団長なので、Sweet Hollywaiiansメンバーはもちろん、松井氏と親交のあるすばらしいミュージシャンで構成されてます!!
まずはジャケットを。
『くいだおれのオモヒデ』
くいだおれ太郎がコンダクター(指揮者)ですばらしいアルバムができましたよ♪

選曲は30~40年代のSwing Jazzの名曲ばかり☆
かなり僕好みです○


並べてみました↓


”た○ま○のたこ焼き”じゃないですが、大阪出る時は是非☆

よろしくお願いします♪
【2010/03/14 03:21】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ブログ始めました。
ブログ始めました☆
よろしくお願いします。

3月6日のSKA BARにご来場いただきました皆様、ありがとうございました☆



普段、イベントにあまり参加する事がなく、ましてやクラブイベントとあって普段とのギャップがすごくて不安もありましたが、めちゃ楽しかったです♪

いつも来ていただいてるお客さんのテンションも絶好調で、こっちのテンションもあがりました☆



晩の9時から始まり、ライブは12時すぎから、閉店が朝の4時半と長丁場でしたが、楽しい音楽で踊ったり、爆音の中で会話したり、控え室で寝てたり、ラーメン食べにいったり、みんなそれぞれ自由な時間をすごしてました。

夜型の僕は眠くなる事もなく、演奏終わってからの3時間半をどう過ごすか迷ってましたが、岡山から来ていただいていたKemさんとギターについて(弦、マイク、ピック、ギタリストetc,,)語る事ができ僕としてはすごく有意義な時間を過ごす事ができました☆



今年10年目のとなる『SKA BAR』。

次回5月10日のゲストは、元「ロッキング・タイム」の今野英明さん。

次回も見逃せませんね。



4時半までイベントは盛り上がり、撤収作業をして家についたら6時半、

実はこの次の日、僕は朝から仕事やったんです。

ブライダルフェアーでのBGMの演奏。

6時半に帰り、この日の演奏の不安な所を1時間程練習、7時半に寝る、8時に起きて風呂入って支度、8時半に家を出る。

そして夕方5時頃まで、2度の模擬結婚式、模擬披露宴で演奏。

僕としてはかなりハードな内容でしたが、一緒に行ったフルートの方に助けられ無事終える事ができました☆

もちろんその晩はバタンキューでした。



おかげで熱の花もでき、少し体調崩しそうになりましたが、すぐ薬のみ立て直しました☆

また次のライブまで頑張りますよ~~。

日々進化が大事ですもんね。



次のライブは3月28日(日)心斎橋『Bar MUSZE』で豪華なゲストを迎えてのライブです☆

Bar MUZSE』は去年年末に移転をしまして、かなりっ!かぁなぁりぃカッコイイ事になってリニューアルオープンされました!!




ゲストには、大阪を代表するジャズギターリスト畑ひろしさんと、元5 Nuts Doのカクテルドラムtutiiさんを迎えてSwing jazz を中心にお届けしますよ♪

詳細はコチラ↓



2010年3月28日(日)

@心斎橋Bar MUSZE



大阪市中央区東心斎橋1-20-16

長堀中央ビルB1F

06-6282-0396



OPEN 19:00

START 20:00

CHARGE ¥3,000

別途 ¥1,000(drink)


Guest

畑ひろし(Guitar)


Tutti (Cocktail Drums)



是非是非、お越し下さい☆

よろしくお願いします♪

 



【2010/03/12 02:48】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。