Homenickにピックガードを。
教室名にもなっている「Homenick」。
これは僕が持っているヴィンテージギターから拝借した名前です。
1930~1940年代の楽器でおそらく個人作家さんHomenickさんが作った物では??と思ってます。
今現在、ネットで探してもHomenickのguitarはひっかかりません。
IMG_0172.jpg


IMG_0173.jpg

IMG_0176.jpg



このギターは買ったときからピックガードがありません。
市販されてるピックガードというのは基本的にギブソンのピックガードの形なんです。
見た目はディアンジェリコのような感じなのでその雰囲気壊したくないな~という事で作る事に。
切り出すのはすぐできるんですが、やっぱり豪華にバインディング入ってるやつが良い。
という事で5プライで作る事に。
5プライというのはピックガードの周りに入る層が5層になるという事。
つまり、ピックガードの周りに薄いセルロイドを5枚巻きますという事。
ん~どうでもいい。。。事ないんですよ!!高級感出ますから◎

まずはセルロイドを5枚、白、黒、白、黒、白と巻きつけます。
瞬間接着剤でくっつけてしばらく持っときます。
IMG_0170.jpg

んで余分な部分を落としていくとこんな感じ。
IMG_0171.jpg

ちょっと見にくいですが、5層になってます。
僕が持ってるセルロイドが薄いのでちょっと存在感ないですが、まあ無いよりはマシ。
とりあえずはここまで。
まだ4分の1くらいですがこつこつやって行きます○
スポンサーサイト
【2010/10/08 10:47】 | Instrument | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<マカフェリギターのブリッジを削る | ホーム | You Tube。>>
コメント
50年代物ですね~
ピックガードなくても いいんじゃないかと思いますね~なかなかですね~ディアンジェリコか ダキストの 感じですね~私も 50年代物のフルアコあるんですよ…なんとピックガードが 左右に べっこうの 特注らしいのが ついてます。かなり珍しくアメリカにも なかなかないんですよ…実は ディアルモンドのピックアップを 買って ついでに 購入したフルアコなんですよ…かなり不思議な音がしますよ…ギブソンでもない オルフェイムのフルアコ ニューヨーカーなんですよ…L5なんか わかりやすいですよ…あなたの ギターの音は どんなんですか? いずれにしろ 50年代のアメリカですね~
【2012/11/18 04:47】 URL | インテリアデザイナー安土 #73RffWG2[ 編集] | page top↑
失礼しました…
30~40年代物 なんですね! ジャンゴラインラルトの 時代ですね! ピックガードを 自分で作るのは 凄いですね!プロでも 難しいですからね。なかなか 綺麗ですね…
【2012/11/18 04:55】 URL | インテリアデザイナー安土 #73RffWG2[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://homenick.blog134.fc2.com/tb.php/40-ce5e0614
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |